開ける

Peey’s ROOM ぺえさんのお部屋 カラフルでハッピーな、私のお部屋へようこそ! Peey’s ROOM ぺえさんのお部屋 カラフルでハッピーな、私のお部屋へようこそ!

メソッドアンバサダーのぺえです!
ここでは、私のライフスタイルについて、いろんなお話をしてみようと思います。
お気に入りの香りのこと、インテリアのこと、お仕事のこと、などなど。
これを読んでいるみなさんと一緒に、
もっと楽しいライフスタイルをつくっていけますように!

#教えてぺえさんのおしゃれライフスタイル #教えてぺえさんのおしゃれライフスタイル

Peey’s Color Coordination

写真

Interior お部屋に置くなら、対比で映える色! Interior お部屋に置くなら、対比で映える色!

初めてメソッドを知ったときは、こんな見た目のおしゃれなものをいきなりお部屋に取り入れるには、正直ハードル高いかなって思ったりもしました。でも、ポイントがあって。メソッドをインテリアに取り入れるなら、部屋の色とボトルの色を意識したら取り入れやすくなるのでいいんじゃないかな。

たとえば洗面所が青いタイルだったら、鮮やかな黄色のレモンミントが映える。私は風水を意識して黄色いカーテンを使っているので、対比で紫のラベンダーを置いたりなんかして。何色か並べて、カラフルさを出すのもいいよね。

キラキラにはイエローと透明感を合わせて
キラキラにはイエローと透明感を合わせて
お気に入りと一緒にミニカートへ
お気に入りと一緒にミニカートへ
ピンク×ブルーの対比が好きなの
ピンク×ブルーの対比が好きなの
写真

Fashion ファッションと同じく、気分に合わせて選んでみて! Fashion ファッションと同じく、気分に合わせて選んでみて!

そのときのキブンや自分らしさに合わせて何かを選ぶ楽しさは、メソッドもファッションも同じ。そこで今回は、メソッドをイメージしたコーデをふたつ、提案させてもらいました。

ひとつは、私の好きなシーミネをイメージですね。明るさを感じるブルーで、胸元のワンポイントで華やかさと、デニムのスカートでヌケ感も出しました。もうひとつは、メソッドのカラフルな感じね。パステルのボーダーで、でも頑張りすぎないイメージで、ふわっとしたスカートを合わせてみました。

シーミネにぴったりなブルーTをGET
シーミネにぴったりなブルーTをGET
クリアバッグはボトルをイメージ
クリアバッグはボトルをイメージ
3つの香りをイメージ
3つの香りをイメージ

Message from Peey ぺえさんにいろいろ聞きました!メソッドにまつわるぶっちゃけトーク
Message from Peey ぺえさんにいろいろ聞きました!メソッドにまつわるぶっちゃけトーク

写真

見た目で「どんな香りだろう?」ってワクワクできるのが楽しい! 見た目で「どんな香りだろう?」ってワクワクできるのが楽しい!

今年に入って「手洗いが大事!」とたくさんの場所で目にするようになって、手洗い=義務みたいになっていったでしょ? やらなきゃいけないのはわかってる、でもやっぱり正直めんどくさい!って感じてたの。でもメソッドを使い始めてから、生きがいとまでは言わないけど、手洗いって楽しいことにできるんだって思えたのは、自分の中で変わったことかもしれない。

ボトルの形も色もいろいろで、見た目からどんな香りがするんだろうって興味を持って。使ってみたら初めて手洗いって楽しい!って感じたの。しかもエコにも気を遣って作られているとか!パッと見ただけではわからない良さがあるって、私の考え方にも近いものがあって。「見た目で判断しない、できない」って大事なことだと思うんです。メソッドはモノの良さだけじゃなく、考え方にも共感できる感じでした。

写真
写真 写真

香りは、モチベ。香りは、リラックス。 香りは、モチベ。香りは、リラックス。

私、香りでモチベが上がるのね。だから香水やアロマも好きなんですけど、香りの良いハンドソープもモチベを上げる選択肢になるんだって思えたのは、新鮮でした。とくにシーミネラルズが大好き!癒やしです。なんていうか、人間、「ゼロになる時間」って必要なんですよ。私にとってのゼロの時間は、家に帰ったあとの時間。ゼロになりたいから、癒やしの香りで手を洗って、リラックスできるのがいい。シーミネの他に、フレンチラベンダーやグリーンティー&アロエも癒やしです。

写真 写真 写真

切り替え時間で、ゼロになろう。 切り替え時間で、ゼロになろう。

ゼロになる時間を意識しだしたのは、体調を崩したのがきっかけです。元々私は、原宿のショップ店員なんて無縁の世界にいて。大学で介護福祉士の資格を取る勉強をしていました。就職を考えながら、「ぜんぜん知らない場所でやってみたい」と思い、原宿・WC(ダブルシー)の求人に応募しました。それまでは全然ファッションとは無縁の生活をしていたから、オシャレとかわかってなかったんですね。でね、ショップのボディを自分なりにコーデしたら、数時間後には店長が全部やり直していた、なんてこともあったり。それで「ヤベー、自分相当ダセェな」って思って。それ以来ショップに来たオシャレなお客さんには、どうしたらそんな組み合わせが思いつくのか直接聞いてみたり、街で気になるコーデの人をみかけたらどこで洋服を買うのか探るために、こっそり尾行する、なんてこともしてました。

そんな中である日『マツコ会議』で注目されて、いきなりSNSのフォロワーが何万人と増えたりしたのね。下積み期間もなく、有名になっちゃった。それって怖さもあって、去年は体調を壊してしまうこともあって。ホント、壊せる体調はぜんぶ壊したっていうか。ずっと気を張って、疲れちゃったんですね。だから、素になるというのかな。ゼロになる時間、切り替える時間が必要だなって。「手を洗う」って、私にとってそんな切り替えの時間なんだと思います。これまでは手洗いって義務だったけど、捉えようによっては切り替えの時間にできる。そんなふうに、ポジティブに手洗いを楽しんでいけたらいいよねって、思ってます!

無理してつくりあげる「いい自分」より、好きなものを選び続けられる自分でいよう。 by ぺえ

Profile ぺえさんのプロフィール
Profile ぺえさんのプロフィール

ぺえさん

『マツコ会議』にて「ジェンダーフリーの謎のショップ店員」として一躍話題なり、竹下通りで「原宿の母」と呼ばれる。現在、全国公開中の劇場版『ひみつ×戦士 ファントミラージュ! 〜映画になってちょーだいします〜』ではアベコベ刑事役を演じるなど活躍の場を広げ、広い世代から支持を得る。

instagram twitter